長引く咳嗽

まずは、重篤な疾患を見逃さないこと。

・心不全、肺塞栓、結核、肺炎、肺癌、間質性肺炎

つまり、vitalの確認と、胸部レントゲンは必須。

次に、長引く咳嗽の中でのcommonを考える。

・咳喘息(就寝時・深夜・早朝に多い。診察中にせき込むなら気管支拡張薬の吸入をtry。アトピー咳嗽と鑑別できる)

・アトピー咳嗽(アトピーの既往、咽頭掻痒感の確認。抗ヒスタミン薬とステロイド吸入が有効)

・副鼻腔気管支症候群(気道症状だけでなく、副鼻腔症状も伴うことがあることに注意)

・逆流性食道炎(胸やけ・吞酸などの症状の確認)

・感冒後咳嗽(感冒様症状があったかどうか問診)

・薬剤性(ACE阻害薬の内服)