HFmrEFへのβ遮断薬の効果

2016年にESCのガイドラインが改訂され、それまで収縮能が保持され拡張障害が主体であるHFpEF(heart failure with preseved EF:ヘフペフ)と、収縮能が低下したHFrEF(heart failure with reduced EF:HFrEFヘフレフ)に分けられていた考えられていた心不全に、その中間であるEFmrEF(heart failure with mid-range EF:ミッドレンジ)が定義された(1)。

それまでも”preserved EF”は厳密には定義されていなかったが、そのグレーゾーンをmid-rangeとした。

HFrEFには、ACE阻害薬、ARB、β遮断薬、ミネラロコルチコイド受容体拮抗薬が用いられるが、HFpEFではこれらの薬剤の有効性は確認されておらず、生命予後を改善させる薬剤はない。また、ESCガイドラインではHFmrEFはHFpEFとしてフォローすべきとしている。

Beta-blockers for heart failure with reduced, mid-range, and preserved ejection fraction: an individual patient-level analysis of double-blind randomized trials.
Eur Heart J. 2018 Jan 1;39(1):26-35.

心不全に対しβ遮断薬の効果をみたRCTを対象としたSR。
300症例以上、フォローアップ期間6ヶ月以上の11RCTを解析。


洞調律なら、HFmrEFでもHFrEFと同程度の効果が期待できる。
しかし、AFだと効果なし。


AFであってもLVEFは改善する。
ただ、HFpEFではLVEFの有意な改善はない。

AFでも洞調律でもLVEFは同じように改善するが、死亡率は洞調律でのみ減少する。また、虚血性心筋症ではLVEFの改善が非虚血よりも小さいが、死亡率の改善は同程度。なので、死亡率の改善は、LVEFによらないが、なぜ洞調律とAFで差が出るかはわからない。

HFmrEFは、HFpEFよりもHFrEFに近いのかもしれないが、そもそもetiologyが雑多なので、一概に言えない。なんだかんだでHFmrEFでもHFpEFでも、β遮断薬やACE阻害薬/ARBなどを使う循環器医は多いと思います。

(1)Eur Heart J.2016;37(27):2129-200.