カテゴリー別アーカイブ: 疫学

果実・野菜・豆の摂取量と、心血管死・全死亡の関係

Fruit, vegetable, and legume intake, and cardiovascular disease and deaths in 18 countries (PURE): a prospective cohort study.
Lancet. 2017 Aug 28. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32253-5. [Epub ahead of print]

◇この論文のPECOは?
P:35-70歳
E/C:果物、野菜、豆の摂取量
O:全死亡、非心血管死、心血管死、心筋梗塞、脳梗塞、心不全

食事内容は食事摂取頻度調査票(FFQ)を用いて調査。その他、社会経済的要因(教育、収入、雇用)、ライフスタイル(喫煙、飲酒、身体活動)、既往歴、内服薬、身長、体重、腹囲、血圧なども調査。

調査は3,6,9年後に繰り返し行う。

1servingは、果物と野菜なら125g、豆なら150g。

<デザイン、セッティング>
・前向き観察研究
・135335例 
・5大陸18ヶ国(高所得国:カナダ・スウェーデン・アメリカ、中所得国:アルゼンチン・ブラジル・チリ・中国・カンボジア・イラン・マレーシア・パレスチナ・ポーランド・南アフリカ・トルコ、低所得国:バングラディシュ・インド・パキスタン・ジンバブエ)
・登録期間:2003年1月1日〜2013年5月31日
・観察期間:7.4年(中央値、IQR5.3-9.3年)
・multivariable Cox frailty model

<結果>
平均年齢50歳ぐらいで、男性40%。

Aは年齢、性別で調整。
Bは、年齢、性別、摂取カロリー、喫煙、糖尿病、都市/地方、身体活動、教育レベル、鶏の胸肉・子牛・豚などの肉、牛肉、パン、穀物で調整。

まず、フルーツ。

(本文から引用)

1日125g以上のフルーツの摂取で、非心血管死・全死亡が低下。

続いて、豆。

(本文から引用)

豆も、非心血管死・全死亡の低下と関連あり。
150g/週で、いい感じ。

野菜は。

(本文から引用)

年齢・性別で調整すると、125g/日以上で摂取量に応じて心血管死も非心血管死も減っている。ただ、いろいろ調整すると摂取量に応じたリスクの減少にはつながっていない。

◇まとめと感想
果物・野菜・豆の摂取が多いと非心血管死・全死亡が低下する可能性があり、動脈硬化性疾患も抑えられるかもしれないという結果。

果物125gは、
みかん・・・1個
りんご・・・半分ぐらい
バナナ・・・1本
ぶどう(巨峰)・・・8粒ぐらい

豆125gは、
納豆・・・2−3パック

なので、摂るのはそんにむずかしくないかも。

疫学研究はいろいろ調整できない交絡があるだろうし、そもそも交絡因子としてなにを含めるべきかよくわかりませんが、まあ、果物・野菜・豆は積極的にとりましょう、ということで。

総エネルギー量に占める炭水化物の割合と全死亡の増加

Associations of fats and carbohydrate intake with cardiovascular disease and mortality in 18 countries from five continents (PURE): a prospective cohort study.
Lancet. 2017 Aug 28. doi: 10.1016/S0140-6736(17)32252-3. [Epub ahead of print]

◇この論文のPECOは?
P:35−70歳
E/C:炭水化物、脂肪、蛋白質の摂取割合
O:死亡と心血管イベント(心血管疾患死、心筋梗塞、脳梗塞、心不全)

食事内容は食事摂取頻度調査票(FFQ)を用いて調査。その他、社会経済的要因(教育、収入、雇用)、ライフスタイル(喫煙、飲酒、身体活動)、既往歴、内服薬、身長、体重、腹囲、血圧なども調査。

調査は3,6,9年後に繰り返し行う。

<デザイン、セッティング>
・前向き観察研究
・135335例 
・5大陸18ヶ国(高所得国:カナダ・スウェーデン・アメリカ、中所得国:アルゼンチン・ブラジル・チリ・中国・カンボジア・イラン・マレーシア・パレスチナ・ポーランド・南アフリカ・トルコ、低所得国:バングラディシュ・インド・パキスタン・ジンバブエ)
・登録期間:2003年1月1日〜2013年5月31日
・観察期間:7.4年(中央値、IQR5.3-9.3年)
・multivariable Cox frailty model

<結果>
平均年齢50歳ぐらいで、男性40%。


(本文から引用)

炭水化物の摂取割合が大きいと、死亡率も高くなる。それは、非心血管死の増加であり、心血管疾患・心筋梗塞・脳梗塞との関連は見出せず、心血管疾患死も増加しない。


(本文から引用)

飽和脂肪酸の摂取量の増加は、脳梗塞の減少と関連があるが、心筋梗塞との関連はない。一価不飽和脂肪酸や多価不飽和脂肪酸の摂取量も、心筋梗塞・脳梗塞・心血管疾患死との関連なし。

◇まとめと感想
飽和脂肪酸はLDLコレステロールを増加させ、それを多価あるいは一価不飽和脂肪酸に置き換えることはLDLコレステロールを減少させる。飽和脂肪酸を含む脂肪の摂取を抑え、多価あるいは一価不飽和脂肪酸へ置き換えることで心血管疾患と全死亡の減少が報告されている。

そのため、AHAのガイドラインでは乳製品や肉から摂取する飽和脂肪酸を、植物油(主にリノール酸)から摂取する多価不飽和脂肪酸へ置き換えることを推奨している(1)。

この疫学研究では、総エネルギーのうち炭水化物の割合が増えると全死亡が増加したが、脂肪、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸と心血管疾患や死亡との関連は明らかではなかった。

(1)Circulation. 2017;136:e1-e23

動物性蛋白と植物性蛋白の摂取と死亡率との関連

Association of Animal and Plant Protein Intake With All-Cause and Cause-Specific Mortality.
JAMA Intern Med. 2016 Oct 1;176(10):1453-1463.

《要約》
背景
栄養のバランスが取れた食事がどのようなものかは未解決の問題で、優先順位の高い研究である。蛋白質摂取量は明確な効果があるかもしれないが、なにで蛋白質を摂取するかは、他の栄養にも影響があり、アウトカムの重大な決定要因かもしれない。

目的
動物性蛋白質と植物性蛋白質の摂取と死亡リスクとの関連を調べること。

デザイン、セッティング、患者
この前向き観察研究は、Nurses’ Health Study (1980 to end of follow-up on June 1, 2012)とHealth Professionals Follow-up Study (1986 to end of follow-up on January 31, 2012).から、131342例を組み入れた。動物性蛋白質と植物性蛋白質は質問票によって評価され、データは2014年6月20日から2016年1月18日に解析された。

アウトカムと測定
全死亡率と死因が特定された死亡率のハザード比

結果
131342例のうち、女性は85013例(64.7%)、男性は46329例(35.3%)で、平均年齢49±9歳であった。総エネルギーに占める蛋白摂取量の中央値は、動物性が14%(5−95パーセンタイル:9−22%)、植物性が4%(5−95パーセンタイル:2−6%)であった。生活習慣や食生活のリスク因子を調整した後では、動物性蛋白質は全死亡率に関連がなかったが(HR:1.02/10% energy increment、95%CI:0.98-1.05)、高い心血管死率とは関連があった(HR:1.08/10% energy increment、95%CI:1.01−1.16)。植物性蛋白は低い全死亡率と関連があり(HR:0.90/3% energy increment、95%CI:0.86−0.95)、低い心血管死率とも関連があった(HR:0.88/3% energy increment、95%CI:0.80−0.97)。これらの関連は、喫煙、アルコール過剰摂取、過体重または肥満、運動不足などの不健康な生活習慣がひとつでもある患者に限定され、不健康な生活習慣がない患者では明らかではなかった。動物性蛋白を植物性蛋白に切り替えることは、低い死亡率と関連があった。全死亡率に対するハザード比は、総エネルギーの3%を加工した赤肉から植物性蛋白質に置き換えた場合には0.66(95%CI:0.59−0.75)、加工していない赤肉から植物性蛋白質に置き換えた場合には0.88(95%CI:0.84−92)、卵から植物性蛋白質に置き換えた場合には0.81(95%CI:0.75−0.88)であった。

結論
動物性蛋白質を多く摂取することは心血管死亡率の上昇と関連があり、植物性蛋白質を多く摂取することは全死亡率と心血管死亡率と負の関連があった。特に、1つ以上の生活習慣リスクを持っている患者では、全死亡率と心血管死亡率との負の関連が強かった。動物性蛋白質、特に加工した赤肉を植物性蛋白質へ変えることは、より低い全死亡と関連があり、どのような蛋白質を摂取するかが重要であることが示唆された。

◇この論文のPECOは?
P:重篤な併存疾患がない看護職の人(The Nurses’ Health StudyとThe Health Professionals Follow-up Studyの参加者)
E:植物性蛋白質の摂取
C:動物性蛋白質の摂取
O:全死亡率、死因が特定された死亡率

exclusion criteria:悪性腫瘍(悪性黒色腫を除く)の既往、心血管疾患、糖尿病、質問票への未解答欄が10個以上(NHS)、質問票への未解答欄が70個以上(HPFS)、エネルギー摂取量過少または過多(女性:<500kcal/d &mt;または3500kcal/d、男性:<800kcal/d &mt;または4200kcal/d)

◇デザイン、対象、観察期間
・前向き観察研究
・131342例 フォローアップ率は、NHS・HPFSともに約95%
・フォローアップ:3540791人年(平均フォローアップ期間:約26.0年)
・アウトカムは、the National Death Indexで確認する。
・交絡因子の調整:時間依存性COX比例ハザードモデル


動物性蛋白をよくとる人は、脂肪、飽和脂肪酸、果物の摂取が少ないというのはなんとなくイメージできる。豆などの植物性蛋白の単位は皿なのか??日本人なら納豆や豆腐などでとることが多そうだけど、アメリカ人はどうやって摂取しているのか??



動物性蛋白の摂取量が多いと心血管死が多くなり、植物性蛋白の摂取が多いと全死亡、心血管死が少ない。植物性蛋白の摂取が多くても、悪性腫瘍による死亡は変わらない。


加工した赤肉が一番良くない。ナトリウム、硝酸塩、亜硝酸塩が多く含まれるからということらしい。13のコホート研究のメタ解析でも加工した赤肉は死亡率の増加と関連があったみたい。

◇感想
植物性蛋白といえば大豆と思っていましたが、小麦やナッツにも多く含まれるみたいです。ただ、植物性蛋白を多くとるって結構難しそうで、納豆1パック、豆腐1丁の中に10g程度しか含まれていない様。穀物と木の実など食べた方がよさそうです。

体に悪いものって美味しいんですけどね。加工した赤肉(ベーコン、ソーセージ、ホットドックなど)は減らしましょう。

take home messageは、肉がダメというより、加工した赤肉がダメで、それより大豆・穀物を多く取りましょうということでしょうか。患者さんにもそのように説明したいと思います。